最も大きな費用が必要となる墓石代

最も大きな費用が必要となる墓石代


最も大きな費用が必要となる墓石代
残念なことですが、大切な霊園の管理を怠っているあまり信頼の出来ない霊園も中にはありません。
さらに経営不振に陥ってしまい、倒産をしてしまう霊園もあるのでしっかりと事前調査をしておくようにしてください。 石の使用量としましては自分が権利を買った敷地の大きさとデザインによって決められることとなります。
当然のことですが敷地が大きければ大きいほど使用量が増えますので、その分価格も上昇します。墓石価格の中におきまして最も大きな費用となるのが墓石代なのですが、使用をすることとなる石種や使用する量によって、その値段が大きく異なってきます。
ですので、単価の高い石を使用したり、その使用量が多ければその分墓石代は高額となるワケです。

墓石というのは国産材やヨーロッパ材、インド材などは単価が比較的高く設定されており、それと比較をして中国材というのは安い価格で販売されています。
もちろん国産でも種類と品質は様々ありますので全ての国産が高価というワケではありません。




最も大きな費用が必要となる墓石代ブログ:18 1 21

大人になるとほとんどの人が、
24時間の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな子どもがいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる男の子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
おいら達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな子どもに対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという家内に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友人に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと家内や子どもと過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ男の子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
おいらのこころ片隅には、
「おいらは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

おいらはこれから男の子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

今日は、ここまで。
最も大きな費用が必要となる墓石代

最も大きな費用が必要となる墓石代

★メニュー

最も大きな費用が必要となる墓石代
価格や環境と設備などを事前確認
管理体制と霊園の設備などを確認
永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
供養方法は様々選択することが出来る
宗教と立地条件が大切な霊園選び
公営墓地を選ぶメリットとデメリット
様々な規定のある霊園使用
民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
管理費は霊園側に毎年支払う


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが基本的な霊園探し