民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない

民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない


民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 民間などが運営をしている霊園というのは公営墓地と比べますと、永代使用料や管理費など割高傾向となっています。
しかし遺骨の有無などにより、申し込みについての制限が無くなります。少し前までは墓地と聞きますと生前居住をしていた近所の寺院や村の共同墓地などが一般的とされていました。
しかし最近における急激な人口増加などといったことの影響によって郊外に公営墓地が増加してきているのです。

墓地というのは経営や管理者によって運営体制が異なっていますので、その特徴に応じまして、どんな墓地を選ぶのか検討をしましょう。
財団法人や社団法人が管理し、民間が宗教法人から委託されている霊園におきましては、基本的に宗教宗派を問わずに申し込むことが可能です。




民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わないブログ:31 12 20

きのう、
古くからの友人がとても悩んでいることを知りました。

その友人は、特に誰に助けを求めるでもなく、
ただ一人で解決しようとしているようでした。

気になって友人のブログを覗いたところ、
友人は今は誰の手を借りることも望んでおらず、
ただ時間が過ぎ、気持ちが落ち着くことを待っている…
そんな内容が書かれていました。

でも、そんな状態だからこそ放っておけない。何かしたい。
でも、いたずらに友人に触れても傷つけてしまう…
友人の痛みにつながったのか、
おいらの心は砕けそうなほど痛く、締め付けられました。

その時、自分にも、
そんな時期があったことを思い出しました。

確かにその時のおいらは、
まさに、誰にも「触れて欲しくない」状態でした。

「辛かったね」と、
優しく抱きしめようと肉体に触れられることも、
「大変だったね」と、話題に触れられることも、
「良く頑張ったね」という雰囲気を作って、その空気に触れさせられることも、
全てが嫌で拒絶を続けていました。

とにかく、
その辛さを他人と共有することができませんでした。

おいらは心の中でなにが起こっているのか理解することもできず、
ただ他人との間に距離を作っていました。

おいらの痛みに気づかない人、何が起こったのか知らない人、
おいらよりもっと大きな痛みを抱えている人…
そんな人たちと一緒にいるのが楽でした。

おいらの痛みに気づかないフリをして
食事に誘ってくれる友人には、その優しさを思い、
無理をして外出し、意味もなく笑顔を作りました。

「もう大丈夫よ」とみんなに言い、よく眠り、よく食べながら、
時々、思い出させるものに触れては勝手に涙があふれ、
行くあてのない怒りがこみ上げ、部屋から出ることが億劫になっていました。

民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない

民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない

★メニュー

最も大きな費用が必要となる墓石代
価格や環境と設備などを事前確認
管理体制と霊園の設備などを確認
永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
供養方法は様々選択することが出来る
宗教と立地条件が大切な霊園選び
公営墓地を選ぶメリットとデメリット
様々な規定のある霊園使用
民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
管理費は霊園側に毎年支払う


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが基本的な霊園探し