宗教と立地条件が大切な霊園選び

宗教と立地条件が大切な霊園選び


宗教と立地条件が大切な霊園選び
生前にお墓を購入しておき、霊園の利用権利を買っておく人が多く、大きな買い物の一つとして数々の悩みがあります。
ですので霊園を買う前に、最低限知っておきたい霊園についての知識を勉強しておくようにしてください。 お墓参りに気軽に行きやすい霊園というのは理想的だと考えている人が多くいらっしゃることでしょう。
自宅の近所に霊園を買うことが出来なかったとしても、交通の便が良いところを選べばさほど苦労をすることは無くなります。霊園選びにおきまして大切となる宗旨や宗派の条件というのは霊園や墓地によりいろいろと指定されています。
このことから自分の宗旨や宗派、そして今後どうしていきたいのかなどを予め考えておく必要があるのです。

数々の霊園の中には仏教でしたらどんな宗派でも問題無いとされる墓地も最近では出てきました。
ただし仏教以外の宗教や仏教系だったとしても買うことの出来ない霊園もありますのでご注意ください。




宗教と立地条件が大切な霊園選びブログ:12 1 21

わたしのパパは、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、わたしにはそのように感じていました。

わたしは、
パパのようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、わたしが、
パパにようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなわたしを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなわたしでもいい?」というかのように、
パパの前で何度も、
そんな情けないわたしを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

パパは、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
わたし自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
パパに認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
パパに見せたりしてたような気もします。

そして、
パパが怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなわたしじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
わたしは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
父母と子どもの関係だけでなく
夫と妻の関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。

宗教と立地条件が大切な霊園選び

宗教と立地条件が大切な霊園選び

★メニュー

最も大きな費用が必要となる墓石代
価格や環境と設備などを事前確認
管理体制と霊園の設備などを確認
永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
供養方法は様々選択することが出来る
宗教と立地条件が大切な霊園選び
公営墓地を選ぶメリットとデメリット
様々な規定のある霊園使用
民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
管理費は霊園側に毎年支払う


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これが基本的な霊園探し